いちき串木野市の串木野中学校2年木場ももこさんが、東京であった極真空手の国際青少年空手道選手権大会12~14歳女子45キロ級で優勝した。国内外から集まった36人の争いを制しての世界一。木場さんは「優勝できてうれしい。連覇を狙いたい」と喜んでいる。

 2年連続で3回目の出場の木場さん。決勝で対戦したウクライナの選手は体が大きく、準決勝までの試合内容が圧倒的だったため、「負けるかと思った」と振り返る。最後の1秒、「絶対に決めてやる」と奮起し、得意技の「上段前蹴り」で勝利した。

...    
<記事全文を読む>