飯塚国際車いすテニス大会(九州車いすテニス協会主催、西日本新聞社など共催)の前田恵理大会会長は26日、第33回大会の出場選手や大会日程を発表した。飯塚市仁保の筑豊ハイツなどで5月16~21日に開催。男子はシングルス世界10位以内の選手が一堂に会し、最高峰の戦いが始まる。

 今年は国内勢55人と海外勢47人の15カ国・1地域の計102選手が出場。リオデジャネイロ五輪・パラリンピックイヤーの昨年より海外勢の出場人数は減ったが、シングルス世界ランキング10位以内では、男子が全員、女子8人、クアード(四肢まひ)6人と、トップレベルの選手が集う。

 注目は、男子世界ランキング1位で、大会2連覇がかか...    
<記事全文を読む>