県立高校五校に通う県外中学校出身者が県教委の居住規定に違反していた問題を巡り、鈴木英敬知事は二十六日の定例記者会見で、五校以外の県立高校についても調査するよう県教委に要請したことを明らかにした。五月中には結果を取りまとめる見通し。

 鈴木知事は「規則が守られていないことは残念。保護者に転居や保証人の擁立などで改善を求めたい」と強調。「(二十五日に県教委から説明があった際)県教委は県内全体では調べない方針だったが、全校調査しない理由がないため、指示を出した」と述べた。

 越境入学については「県外から志願者がいるのはありがたいこと」と歓迎する一方で、「県立高校は税金で運営しているため、一定のル...    
<記事全文を読む>