ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機に今春、下部組織のラグビースクール(RS)出身の広川翔也(22)=慶大出=が入団した。ヤマハ発RS出身初のトップリーガーは、鋭いタックルが持ち味のフランカー。かつての指導者や後輩の期待を背に、幼少期から憧れたチームの一員として飛躍を期している。

 幼稚園の頃、生まれ育った愛知県豊橋市のスクールでラグビーを始めた。小学2年時に両親の勧めで磐田市のヤマハ発RSにも入部。週1回の練習に両親の運転する車で片道1時間かけて通い、中学卒業まで2チームを掛け持ちした。「真面目でひたむきなプレーをする選手だった」と山岸至RS前代表(48)は振り返る。

 強豪の東福岡高、...    
<記事全文を読む>