牧之原市の「さがらサンビーチ」で23日、第41回さがら草競馬大会(市観光協会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が開かれた。サラブレッドなど46頭が砂煙を上げながら疾走し、詰め掛けた大勢の来場者を楽しませた。

 砂浜に1周約700メートルのコースを設け、予選と決勝の計18レースを展開した。市内外から家族連れや写真愛好家らが来場し、眼前を勢いよく駆ける競走馬に声援を送り、カメラのシャッターを盛んに切った。

 会場では子どもたちによる徒競走「人間草競馬」や宝探しイベントも行い、終日盛り上がりを見せた。

...    
<記事全文を読む>