2020年東京五輪の事前キャンプ候補地を視察するため、カナダの水球チーム幹部らが22日、盛岡市本宮の市立総合プールなどを視察した。施設や環境を評価し、地域の子どもたちとの交流にも意欲を示した。

 ハイパフォーマンスディレクターのジャスティン・オリベイラさんと、カナダオリンピック委員会のデレック・コビングトンさんが来訪した。

 同プールでは施設や練習用具の状況、大規模大会の開催経験などについて職員の説明を受け、隣接する盛岡タカヤアリーナでトレーニング機器などを確認した。

 オリベイラさんは「プールは世界クラスで、屋外で練習できる環境もいい」と評価した上で、ゴールの1セット追加などを要望。他の候...    
<記事全文を読む>