ソフトボール女子の日本リーグ2部は22日、富山市の岩瀬スポーツ公園ソフトボール広場で開幕した。アドバンス、ホープの両セクション計8試合を行い、ホープの大垣ミナモSCはペヤング(群馬)に13-1で大勝し、白星発進した。

 大垣ミナモは一回に平川穂波の適時打などで一挙5点を先取。四、六回にも2点ずつ加点し、七回には平川の満塁本塁打でダメ押しした。先発の山田麻未は5回無失点の好投で、邱安汝も1失点で抑えた。

 次戦は23日、同広場で平林金属(岡山)と戦う。

...    
<記事全文を読む>