ホッケー女子の日本リーグは22日、富山県小矢部市の小矢部ホッケー場などで開幕し、3連覇を狙うソニーHCが、立命大に3―0で快勝。昨季7位の東海院大は、山梨院大に1―6で敗れて、黒星スタートとなった。

 ソニーHCは、速いドリブルとパス回しで序盤から攻勢を仕掛け、第2クオーター4分、MF真野由佳梨がDFをかわしてリバースヒットで先制点を挙げた。その後もPCから第3クオーターにはFB坂井志帆が、第4クオーターにはFW深野加弥が追加点を決めて勝った。

 東海院大は第1クオーターこそ0―0と踏ん張ったが、第2クオーターで4失点。第3クオーター序盤にFW小寺栞菜がPSを決めて1点を返したが、その後さ...    
<記事全文を読む>