【北見】子供たちにカーリングの魅力を伝える「キッズカーリング体験教室」が22日、北見市常呂町のアドヴィックス常呂カーリングホールで開かれた。来年の平昌冬季五輪出場を目指すカーリング女子のロコ・ソラーレ(LS北見)の選手たちが講師を務め、子供たちに直接指導した。

 北見市体育協会の主催で、市内の小学4~6年生12人が参加。同協会職員の鈴木夕湖(ゆうみ)選手(25)らLS北見の5人から基礎を学んだ。

 子供たちは、しゃがんで氷を滑りながらストーン(石)を投げる動作や、ブラシで氷を掃く「スイープ」を練習。選手たちは普段通り、終始笑顔を絶やさず、子供たちに「上手だね」と声をかけたり、ハイタッチをし...    
<記事全文を読む>