世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級で、京都出身者初の世界チャンピオンになった久保隼選手(27)が18日、京都市右京区京北の北桑田高を訪問し、部活動に励む約100人の生徒の前で講演した。試合にかける思いや挫折の経験を伝えた。

...    
<記事全文を読む>