大相撲春巡業の水戸場所(実行委員会主催)が21日、水戸市水府町の青柳公園市民体育館で開かれ、約3500人が詰め掛けた。横綱白鵬はじめ、土浦市出身の関脇高安などが次々に土俵に上がり力強い取組を披露したほか、子ども力士に稽古をつけるなどして会場を沸かせた。満員御礼の場内は、白鵬や高安が土俵入りすると熱気に包まれ、盛り上がりは最高潮に達した。白鵬は横綱鶴竜と、高安は関脇琴奨菊と対戦し、それぞれ勝利を収めると、ひときわ大きな歓声や拍手に沸いた。取組の合間にはちびっこ相撲が行われ、地元の小学生34人が関取に挑戦し、声援を受けながら大きな胸に思いっきりぶつかり、高安が子ども力士の粘りに負けて投げ飛ば...    
<記事全文を読む>