浦安市で合宿練習した七人制女子ラグビーのブラジル代表チームの選手が十七日、市役所に内田悦嗣(えつし)市長を訪ね歓談した。同市は二〇一九年に国内で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の公認キャンプ地として名乗りを上げており、今回の合宿を誘致への弾みにしたい考えだ。

 ブラジル代表チームは、今月二十二、二十三日、北九州市で開催される「HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ」に出場するため来日。十一日から十六日まで、浦安市運動公園陸上競技場で練習してきた。

 合宿に参加したのは、選手十四人とスタッフ四人で、昨年夏のリオ五輪代表とほぼ同じメンバー。その多くが二〇二〇年東京五輪にも出場する...    
<記事全文を読む>