【名寄】冬季スポーツ拠点化に向け、合宿誘致などに取り組む市は今月、日本スポーツ振興センター(東京)の元職員でスポーツトレーニングを専門とする豊田太郎さん(39)を新規採用した。市特別参与・スポーツ振興アドバイザーの阿部雅司さん(51)が所属するスポーツ・合宿推進課に配属。豊田さんは「名寄から五輪選手を」と意気込んでおり、周囲の期待も大きい。

 新たな職場で「名寄ならではのジュニア育成システムをつくり、人間的にも成長させたい」と語る豊田さんに、同じ課で机を並べる阿部さんも「心強い最高のパートナーができた」と喜んでいる。

...    
<記事全文を読む>