バドミントンのインド・オープン(OP)女子ダブルスで優勝した北都銀行の米元小春、田中志穂組が20日、秋田魁新報社を訪れ、大会を振り返るとともに、「再びいい結果をつかむ」と一層の飛躍を誓った。

 インドOPは国際OPの最高峰・スーパーシリーズ(SS)の一つ。SSの優勝により米元、田中組の世界ランキングは過去最高の8位(4月13日現在)になった。

...    
<記事全文を読む>