【宮古島トライアスロン取材班】第33回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市、琉球新報社)の招待選手らが19日、国内外から続々現地入りした。いよいよ始まる熱戦を前に、それぞれが優勝や上位入賞へ意欲を示し、決意を新たにした。有力選手の宮古島入りで、一気に大会ムードが高まっている。

 海外招待選手6人が19日午前、宮古島入りした。アイアンマンニュージーランドを12連覇し、初出場の宮古島で優勝の呼び声も高いキャメロン・ブラウン(44)=ニュージーランド=らは到着後、宮古島空港で本番へ意気込んだ。

 今年は2位に終わったが、昨年までニュージーランド最大のトライアスロン大会を12連覇したブラ...    
<記事全文を読む>