世界ボクシング機構(WBO)バンタム級6位の大森将平(ウォズ、南京都高出)が、同級タイトルマッチ(23日午後7時・エディオンアリーナ大阪)で、王者マーロン・タパレス(フィリピン)に挑む。プロで初黒星を喫した因縁の相手との運命的な再戦だ。「世界の壁を知らされた。あの時より何十倍も研究している」。敗戦に学び、進化したサウスポーが頂点をにらむ。

...    
<記事全文を読む>