毎年5月、指宿である指宿トライアスロン大会(同実行委員会主催)が31回目を迎える今年、中止となった。運営を担うNPO法人が会員の高齢化などの理由で退いたため。今後は市民らが引き継ぎ、来年の再開を目指す。

 大会は1986年、地元有志により県内初の本格レースとして始まったが、参加者数の減少やスポンサー撤退で2008年に休止。愛好家らでNPOカトラ(鹿児島市)をつくり、翌年復活させた。

...    
<記事全文を読む>