スピードスケート女子の小平奈緒(30)=相沢病院・茅野市出身=が19日、長野市エムウェーブでの練習を報道陣に公開した。3月中旬に昨季最終戦を終え、今月8日に本格始動した小平。500メートルで昨季出場した全レースを制した世界女王は、来年2月の平昌五輪に向けて「磨き上げた自分を持っていけるように集中したい」と決意を示した。

 この日は早朝から約4時間、信州大の学生らと共に筋力トレーニングに取り組み、報道陣には午後2時から約1時間、トレーニングルームでの練習を公開した。体幹を意識して体をほぐしてから、重りを担いでスクワットをしたり、動きの最後まで力を出し切るイメージで段を上りながらダンベルを持...    
<記事全文を読む>