カナダのラグビー7人制女子チームのメイガン・ホワットディレクターは18日、盛岡市永井のいわぎんスタジアムなど2020年東京五輪の事前キャンプ候補地を視察し、芝生や施設、受け入れる街の雰囲気を高く評価した。カナダは水球とスポーツクライミングチームも同市を視察する予定で、関係者は誘致実現へ働き掛けを強める。

 ホワットさんは北九州市で22日開幕する国際大会のため来日。同スタジアムでフィールドやロッカールームなどを視察した。盛岡市本宮の盛岡タカヤアリーナではトレーニング機器を確認し、谷藤裕明市長が「万全の態勢で最高のおもてなしをしたい」とアピールした。

 ホワットさんは▽スタジアムは芝の質が良く...    
<記事全文を読む>