カヌースラローム男子カヤックシングルのリオデジャネイロ五輪日本代表で、11日から青森県西目屋村臨時職員として新生活をスタートさせた矢澤一輝選手(28)=長野県出身=が18日、青森市の東奥日報社を訪れ「(東京五輪で)メダル獲得を目指す」と今後の決意を語った。

...    
<記事全文を読む>