2025年に青森県で開催予定の第80回国民体育大会で、県準備委員会(委員長・三村申吾知事)は19日、青森市で常任委員会を開き、第1次選定として、37競技のうち29競技を19市町村の会場で実施することを決めた。うち県南地方は10市町で延べ11競技。八戸市ではサッカー、バスケットボール、レスリングなど7競技を8施設で行う。

...    
<記事全文を読む>