ソフトボールの2017年日本男子西日本リーグは21日、9チームが参加して広島県尾道市御調球場で開幕する。リーグ参入12年目となる徳島県のジェイテクトは、東西両リーグの上位4チームによる決勝トーナメント初出場が目標。投手陣が粘って守りからリズムをつくり、悲願達成に挑む。

 ジェイテクトは昨季、8勝8敗で過去最高の6位。チーム打率2割9分、1試合平均4・8得点と打線が活発だった。

 今季は俊足巧打の安戸と橋本、昨季3割7分5厘(リーグ10位)の松尾の左打ちトリオがチャンスメークを担う。中軸には一発長打を秘める長谷部と、3割8分8厘(7位)でチームトップの4本塁打を放った藤本が座る。昨季主軸を任...    
<記事全文を読む>