「大相撲浜松出世場所」(静岡新聞社・静岡放送、SBSプロモーション主催)が10月11日に浜松市東区の浜松アリーナで開かれることが決まり、日本相撲協会巡業部の谷川親方(元関脇北勝力)が18日、同市中区のプレスタワーで本社側と開催契約書を交わした。  浜松出世場所の開催は2年ぶり4回目。横綱や大関をはじめ総勢約280人の力士が参加する。谷川親方は「浜松のお客さんにたくさん入っていただきたい。特に握手会では力士の手の厚み、力強さを体感してほしい」と来場を呼び掛けた。  本場所よりも広い2メートル四方のマス席(4人席)を用意する。取り組みに加え、子どもが参加できる力士との稽古体験や相撲甚句の披...    
<記事全文を読む>