■投手軸に打線も好調 日本男子ソフトボールリーグの西日本リーグが21日に開幕する。昨季、3年ぶり4度目の日本一に輝いたダイワアクト(佐賀市)は、主戦アンドリュー・カークパトリック(32)と捕手の升水大瑚(24)を軸に連覇を目指す。

 チームを引っ張るのは左腕アンドリュー。130キロの速球を武器に昨季は防御率1・84で最優秀投手賞、ベストナインに選ばれた。昨年まで正捕手だったニコラス・ノートン(30)は内野手に移り、新たに抜てきされた升水の好リードに期待がかかる。

 守りからリズムをつくり、打ち勝つのが目標。ここ数年は練習を強化して打撃力アップを図ってきた。田中亮多監督(29)は「昨年の決勝ト...    
<記事全文を読む>