剣道の第15回全日本選抜八段優勝大会は16日、名古屋市の中村スポーツセンターで行われ、10回大会の覇者で群馬県立渋川工高校長の谷勝彦が準優勝を果たした。  大会は合格率約1パーセントの審査に合格した全国500人余りの八段受有者から選ばれた32人が出場し、頂点を争った。

...    
<記事全文を読む>