【網走】知的障害のある高校生にスポーツを基軸とした教育を行う日本体育大学付属高等支援学校が17日開校し、網走市内の同校体育館で入学式が行われた。道内外からの新入生19人が新たな一歩を踏み出した。

 私立大が特別支援学校を運営するのは全国で初めて。スポーツ以外にも農作業や芸術活動などを通じた自立支援や情操教育を進める。パラリンピックに出場するようなアスリート育成も目指す。

...    
<記事全文を読む>