競泳の世界選手権(7月・ブダペスト)代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は16日、名古屋市のガイシプラザで行われ、小山市出身の萩野公介(はぎのこうすけ)(ブリヂストン)が男子200メートル背泳ぎを1分56秒39で制し、同種目初優勝。2大会ぶりの4冠を達成した。

 決勝は入江陵介(いりえりょうすけ)(イトマン東進)とのデッドヒート。ラスト50メートルから一気にスパートを掛け、入江に0・67秒差をつけてフィニッシュ。入江の11連覇を阻むとともに代表入りも決めた。

 大田原市出身の清水咲子(しみずさきこ)(ミキハウス)は女子200メートル平泳ぎで2分26秒00で3位に入賞。同1500メートル自由形...    
<記事全文を読む>