7月30日に岐阜市長良福光の岐阜メモリアルセンターで開かれる大相撲夏巡業「岐阜信長場所」のチケットが15日、岐阜新聞本社で先行発売され、相撲ファンらの行列ができた。

 岐阜信長場所は織田信長の岐阜入城と岐阜命名450年を記念し、岐阜新聞・ぎふチャンが主催。岐阜市信長公450プロジェクト実行委員会共催。取組をはじめ、公開稽古や横綱土俵入りが行われる。

 この日は22日の一般発売に先駆け、1階の指定席約3千席を発売。約1500席分が売れた。

 行列の一番乗りで、前日の午後11時半から徹夜で並んだ岐阜市の男性会社員は「地元が盛り上がるうれしい企画。チケットは、日頃の感謝を込めて義理の両親にプレゼン...    
<記事全文を読む>