大相撲の春巡業「上州高崎場所」が15日、群馬県高崎市の新体育館「高崎アリーナ」のこけら落としとして開かれ、迫力満点の取り組みが約6800人の観客を楽しませた=写真。

 土俵に横綱鶴竜や琴奨菊らが登場すると、会場のボルテージは最高潮に。激しい張り手の応酬や土俵際の攻防に会場が沸いた。

...    
<記事全文を読む>