2020年東京パラリンピックの南アフリカ車いすテニス選手団の事前キャンプ地誘致を目指す飯塚市などは14日、記者会見を開き、片峯誠市長らが8~13日に同国で行った誘致活動の概要を報告した。

 同国を訪問したのは、片峯市長、事前キャンプ地飯塚市誘致・支援実行委員会の前田恵理委員長ら4人。10日に、世界四大大会に次ぐスーパーシリーズで飯塚国際車いすテニスと同格の「南アフリカオープン」を視察し、同国車いすテニス協会代表のホルガー・ロッシュ氏らと会談。11日はキャンプ地選定の決定権を持つ同国スポーツ連盟オリンピック委員会役員らと面会した。

 市はキャンプ地誘致に当たり、同委員会に対し、選手団とコーチ...    
<記事全文を読む>