3月14~25日にオーストリアで開かれた知的障害者のスポーツ大会「スペシャルオリンピックス冬季世界大会」に出場した旭川市の川本麻衣さん(20)が、クロスカントリー競技の女子5キロと同7・5キロの2種目で見事に優勝を飾った。日本代表として初出場した大会での快挙に、川本さんは「最後まで諦めなかったかいがあった」と喜んでいる。

 川本さんはクロスカントリーチーム「999AC旭川」に所属。同大会にはチームから川本さんを含め3人が参加、浜田翔さん(19)が男子5キロで3位、同10キロで4位、熊本小菜実さん(17)が女子2・5キロで3位と全員がメダルを獲得した。3人は男女混合のリレーにも参加し、4位...    
<記事全文を読む>