日本製紙クレインズ1年目のシーズンを終えたFW中島彰吾選手(23)、DF小泉和也選手(23)が、23日に英国北アイルランドで開幕するアイスホッケー男子世界選手権に初めて挑む。男子日本代表は昨季ディビジョン1B(3部相当)に降格。昇格の重圧がかかる中、若手として存在感を発揮できるか注目される。

 男子の鈴木貴人監督は選考について「北京冬季五輪を目指して若返りを図りつつ、いま必要なベテランの戦力も確保する」と語る。中島、小泉の両選手は2月に韓国で開かれたユーロチャレンジで若手中心に構成された日本代表として3カ国と対戦。「中島選手はセンターとしてのゲームメーク、小泉選手は体格とフィジカル面で海...    
<記事全文を読む>