2020年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプ地を県内に決めたブータンと、県や小田原市などが13日、正式に協定を結んだ。同国はアーチェリーや射撃といった競技で出場を目指しており、選手団約15人が城山陸上競技場(同市)をはじめとする県内施設の利用を想定している。

 協定を結んだのは、県と小田原、箱根、大磯の1市2町のほか、学生が交流するなど同国と親交が深い「星槎グループ」(大磯町、宮沢保夫会長)。滞在中は練習施設の提供をはじめ、住民との交流プログラムを開催するなど両国の友好関係の発展を図る。

 横浜市内であった締結式で、国王の弟で同国五輪委員会のジゲル・ウゲン・ワンチュク会長は「日本との3...    
<記事全文を読む>