大相撲水戸場所(県、水戸市など後援)が21日、水戸市の青柳公園市民体育館で開かれる。場所を盛り上げようと、日本相撲協会の二子山親方(元大関雅山)と振分親方(元小結高見盛)が12日、県庁を訪れて橋本昌知事と懇談、地方巡業の魅力をPRした。

 負傷した稀勢の里の来場は未定だが、白鳳、日馬富士、鶴竜の3横綱をはじめ、土浦市出身の関脇高安も参加する。

 橋本知事は「相撲を少しでももり立てるため協力したい」。振分親方は「テレビの中だけじゃなくて、生でぶつかり合う迫力を見てほしい」とアピール。館内で行われる「朝稽古も見てもらいたい」と話した。

 開場は午前8時。問い合わせは実行委事務局=電029(29...    
<記事全文を読む>