【東京支社】国際ボクシング連盟(IBF)スーパーライト級14位の小原佳太(三迫、黒沢尻工高-東洋大)は13日、東京・後楽園ホールでラリー・スィウー(インドネシア)とウエルター級8回戦を闘い、3-0で判定勝ちした。昨年9月の世界タイトル戦敗退からの再起戦を白星で飾った。

 小原は序盤、相手の様子を見ながら慎重に試合を運んだ。打ち合いに持ち込めない中、5回に連打で相手を追い込んで局面を打開。その後も互いに警戒し合ったが、優位に試合を進めた。

 小原は20戦17勝(15KO)2敗1分け。

...    
<記事全文を読む>