2012年ロンドン五輪競泳の男子200メートル平泳ぎで銅メダルに輝いた立石諒(27)=ミキハウス=が13日、愛知県名古屋市内で開かれている日本選手権を最後に現役を引退すると表明した。同日のレース後、「最後です。この試合を気持ちの区切りとして来た。世界で戦えるレベルではないと感じている」などと語った。16日の同選手権男子200メートル平泳ぎが最後のレースとなる。

 神奈川県藤沢市出身の立石は藤沢一中から湘南工大付高に進み、高校2年の06年に200メートル平泳ぎで北島康介の高校記録を破って頭角を現した。23歳で出場したロンドン五輪200メートル平泳ぎの決勝では、隣のコースを泳いだ北島をゴール...    
<記事全文を読む>