世界選手権(7月・ブダペスト)代表選考会を兼ねた日本選手権は13日、名古屋市のガイシプラザで開幕し、男子400メートル個人メドレーはリオデジャネイロ五輪3位の瀬戸大也(ANA)が日本水連の選考基準を満たす4分10秒44で初優勝し、0秒01差の2位だった同五輪金メダルの萩野公介(ブリヂストン)とともに代表入りを決めた。萩野はこの種目の6連覇を逃した。

 非五輪種目の女子50メートルバタフライは16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が25秒51で制し、代表入りした。女子100メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミキハウス)が1分6秒77で初優勝し、2位の鈴木聡美(ミキハウス)とともに代表に入った。渡部...    
<記事全文を読む>