佐世保競輪場(佐世保市干尽町)が本年度から2カ年事業で、約30年ぶりとなるバンク(走路)の大規模改修をする。総工費は約2億5000万円。来年12月に供用を始める予定。

 バンクは1周400メートル。年間約50日のレース開催のほか、県高総体の自転車競技の会場になっている。1990年度に大規模な改修を実施。その後は定期的に表層の補修をしているが、おおむね20年とされる耐用年数を過ぎ、老朽化に伴うひび割れが起きている。

 今回の背景には競輪場の収支改善がある。市は改修に向け2012年度に調査設計をしたが、10、11年度に赤字が1億円を上回るなど経営が厳しかったことから工事を先送り。その後経営改善...    
<記事全文を読む>