プロボクシングOPBF東洋太平洋ライトフライ級3位の荻堂盛太(平仲ボクシングスクールジム)が5月21日、琉球大学第一体育館で同級2位のエドワルド・ヘノ(フィリピン)と同級王座決定12回戦を行う。「MUGEN 挑vol・5」のメインイベントとして組まれた。同級チャンピオンがタイトルを返上し、王座決定戦となった。12日、琉球新報社を訪れた荻堂はタイトルマッチへ向け「絶対に勝たないといけない。次はない」と意気込んだ。

 荻堂は那覇市出身の24歳、プロ戦績は15戦11勝(3KO)2敗2分け。今年1月のWBC世界ユースライトフライ級の王座決定戦ではドロー判定で引き分けた。体重も順調に減っており、コ...    
<記事全文を読む>