船艇の帆で風の力を受け動力として水上を滑走し、速さや技術を競うセーリング競技。帆を引く瞬発力や風に負けないように帆を維持する持久力が求められ、大会が数日に及ぶことから疲労を軽減・除去する体のケアも重要な「競技」の一つとされている。その日本代表のオリンピック強化サポートスタッフに、県出身としては初めて石嶺忍さん(37)=浦添市=が選ばれた。14日から始まるフランス合宿へ帯同し、代表選手のフィジカルトレーニングやケアなどに当たる。(屋嘉部長将) フランス合宿は、23日から現地で開催されるISAFセーリングワールドカップイエール大会に備えたもの。石嶺さんは「初めてのことで緊張は大きく、プレッ...    
<記事全文を読む>