昨夏、リオデジャネイロ五輪の七人制ラグビーで銀メダルに輝いた女子ニュージーランド代表チーム(愛称ブラック・ファーンズ)が厚木市中荻野の荻野運動公園で合宿している。二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックで同国の事前合宿誘致を目指す市は、市民と一体で歓迎ムードを高めている。

 チームは北九州市で二十二、二十三日に開催される大会に出場するための事前合宿として十日に来訪。選手十六人とスタッフ六人の二十二人が十六日まで滞在する。十二日には市立相川小の児童らと給食を食べながらお互いの国を紹介し合うなど交流。午後からの練習では、体力強化のダッシュや実戦練習を行った。

 厚木市は東京五輪で同国とスポーツや経...    
<記事全文を読む>