フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、世界選手権3度優勝の浅田真央(26)=中京大=が12日、東京都港区のホテルで引退会見を開いた。「体も気力も全部出し切った。フィギュアスケートは私の人生。悔いはないです」と晴れやかな表情で語り、実力、人気ともにトップを走り続けてきた競技生活に幕を下ろした。

 10日夜に自身のブログで現役引退を発表してから初めて会見に臨んだ浅田は冒頭、「長い選手生活ではたくさんの山があった。乗り越えられたのは支えてくれた方々やファンの応援があったから」と周囲への感謝を口にした。

 今季は来年の平昌五輪出場を目指していたが、昨季から続く左膝の痛み...    
<記事全文を読む>