国民的ヒロインが勝負の銀盤に別れを告げた。東京都内で十二日、現役引退の記者会見に臨んだフィギュアスケートの浅田真央選手(26)。五輪の年齢制限や最愛の母の死など数々の悲運にも負けず、完全燃焼した競技人生だった。多くのファンを魅了してきた「真央ちゃんスマイル」を浮かべながら「やり残したことはない」と満足感をにじませたが、会見の最後には涙も見せた。◆全日本12位「もういいかな」 過去最低の12位に沈んだ昨年末の全日本選手権の演技直後、浅田選手に「あ、もういいんじゃないかな」と気持ちがよぎったという。五輪銀メダル、三度の世界女王に輝いた希代のスケーターが引退を覚悟した瞬間となった。

 ソチ五輪...    
<記事全文を読む>