日本レスリング協会は10日、アジア選手権(5月10~14日、インド・ニューデリー)に派遣する男女24選手を発表した。県勢では、昨年12月の全日本選手権男子フリースタイル70キロ級を制した鹿島実高卒の中村百次郎(日体大助手)が同階級に出場する。

 リオデジャネイロ五輪女子63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、同69キロ級金メダルの土性沙羅(東新住建)はともに五輪後、初の国際大会で、川井は58キロ級に出場する。

 リオ五輪男子フリースタイル57キロ級銀メダルの樋口黎(日体大)は、フリー61キロ級にエントリーした。

...    
<記事全文を読む>