10日、突然の現役引退を表明した浅田真央選手。同選手に憧れてフィギュアスケートを始め、先月の世界選手権で5位に入った三原舞依選手(17)=神戸ポートアイランドク=は「すごく悲しくて昨日は眠れなかった。でも、浅田選手のおかげでスケートに出合うことができた。浅田選手のように、人の心に残る演技をしていきたい」と誓う。

 三原選手は8歳のとき、テレビで見た浅田選手の演技に心を奪われ、神戸・ポートアイランドのリンクを訪れた。「真央ちゃんのようになりたい」と背中を追い続けてきた。

 今年3月、初出場だった世界選手権。ショートプログラム(SP)で出遅れた夜も浅田選手に力をもらった。

 同じくSPで失敗した...    
<記事全文を読む>