「終えることにしました」。浅田真央選手(26)=中京大=の引退表明から一夜明けた十一日、決断の瞬間を恩師が明かした。代名詞のトリプルアクセル(三回転半ジャンプ)と、愛くるしい笑顔で人々を魅了し続けた十年余。最後は、涙でコーチ陣と抱擁した。長年の活躍に、各地からねぎらいの声が上がった。

 浅田真央選手を二〇一〇年バンクーバー冬季五輪後から指導する佐藤信夫コーチ(75)は十一日朝、横浜市の新横浜スケートセンターで取材に応じ、今季不振の原因となった左膝の痛みについて「極限の状態だった」と明かした。

 浅田選手は引退発表当日の十日午前、練習拠点とする同スケートセンターを訪問。佐藤コーチの妻久美子コ...    
<記事全文を読む>