フィギュアスケート女子の二〇一〇年バンクーバー冬季五輪銀メダリストで、世界選手権で日本人最多三度の優勝を果たした浅田真央(26)=中京大、名古屋市出身=が十日、自身のブログで「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と記し、現役引退を表明した。

 女子では世界でも一握りの選手しか成功していないトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に、十五歳で初出場した〇五年のグランプリ(GP)ファイナル優勝で一躍脚光を浴び、絶大な人気を誇った。

 〇六年トリノ五輪は年齢制限で出場できなかったが、四年後のバンクーバー五輪でショートプログラム(SP)、フリーを合わせ...    
<記事全文を読む>