【福岡支社】北九州市のミクニワールドスタジアム北九州で開かれる「HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ北九州大会」(22、23日)をPRするため、同市職員2人が6日、福岡市天神の大分合同新聞社福岡支社を訪れた。

 大会は日本初のワールドラグビー公認の世界シリーズ。7人制女子ラグビーの強豪12カ国が参加し、7分ハーフで熱戦を繰り広げる。昨年の大会で同シリーズの参戦権を失った日本は今回、ホスト国として出場する。

 北九州市大規模大会誘致推進室の堤隆之さん(29)は「スタジアムは3月12日にオープンしたばかり。ぜひ見に来てください」と語った。

...    
<記事全文を読む>