全日本カデ(15~17歳)柔道体重別選手権大会は9日、大阪府の東和薬品RACTABドームで男女7階級があった。県勢は男子60キロ級の近藤隼斗(佐賀工1年)が全試合で一本勝ちを収めて優勝し、8月にチリで行われる世界カデ選手権大会の出場権を獲得した。

 近藤は1回戦で送り足払い、準決勝で内股を決めて勝ち上がり、決勝は太田(岡山・作陽)を大内刈りで下した。

 県勢はほかに、男子55キロ級の田中龍馬(佐賀商1年)が出場したが準決勝で敗れた。県勢の成績 【男子】55キロ級1回戦 田中龍馬(佐賀商)=反則=高〓(大阪偕星学園) ▽同準決勝 鷲見(北海道・札幌山の手)=肩車=田中 ▽60キロ級1回戦 近...    
<記事全文を読む>