スーパーラグビーの第7節第2日は8日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、日本チームのサンウルブズはブルズ(南アフリカ)に21-20で逆転勝ちし、今季初勝利を挙げた。開幕からの連敗は5で止まった。

 サンウルブズは前半6分にナンバー8のウォーレンボスアヤコが先制トライを奪うなど11-10で折り返した。後半は一時11-20とリードされたが、29分にWTB中鶴のトライ(ゴール)で2点差に詰め、34分に途中出場の田村優のPGで逆転した。

 チームはニュージーランドに移動し、14日にクルセーダーズ(ニュージーランド)と対戦する。◆課題の終盤、強豪に逆転 試合終了の笛が鳴った直後、大歓声が湧き起こっ...    
<記事全文を読む>